今日という日を忘れずに

日帰りハイキング、テント泊縦走、冬の雪山登山など、山登りの記録がメインの登山ブログです

【八ヶ岳】蓼科山~霧ヶ峰~美ヶ原 夜発日帰り登山 

      2016/07/05

日本百名山の蓼科山と霧ヶ峰と美ヶ原を一気に制してきました!

蓼科山は標高2530mの八ヶ岳連峰の1つ、霧ヶ峰はエアコンでもお馴染みですね。美ヶ原は……(後述w)

メンバーは那須岳に行った時と同じ。JR小山駅から深夜発の日帰り登山に挑みました。

 

【日程】

2011年8月6日

【コースタイム】

JR新宿駅発(23:00)→JR小山駅集合(0:20)

↓(蓼科山へ)

七合目登山口着(5:00)→出発(5:30)→馬返し(5:40)→天狗の露地(6:10)→将軍平(6:35)→蓼科山頂上(7:15)→→→昼休み→→→下山開始(8:00)→将軍平(8:30)→天狗の露地(9:00)→馬返し(9:20)→七合目登山口(9:30)

↓(霧ヶ峰へ)

七合目登山口発(9:40)→車山肩駐車場(10:20)→出発(10:25)→車山頂上(11:00)→下山開始(11:15)→車山肩駐車場(11:50)

↓(美ヶ原へ)

車山肩駐車場発(12:00)→美ヶ原高原美術館(12:50)

↓(温泉~帰宅)

美ヶ原高原美術館発(13:30)→うつくしの湯(14:15)→→温泉→→出発(15:20)→JR小山駅着(19:45)→新宿へ

 

 

栃木の友人と合流するため、JR小山駅で待ち合わせ。深夜に出発し、明け方早々に第1の山「蓼科山」を制してしまおうという作戦です。

深夜0時すぎの小山駅。旅の始まりです。

蓼科山を目指して車を走らせます。途中、夜食を取るために立ち寄ったガストで爆笑騒動が起きましたが、それはたぶんささっきーのほうのブログで書いてくれるはずww

 


明け方5時、蓼科山の七合目登山口に到着!この時点で標高は1900mを越えています。明け方ということもあり、結構肌寒い……

 

早朝5時の駐車場はこんな感じ。さすがに空いています。

 

うっすらと雲はかかっていますが、全貌が見て取れます。天気も特に問題なさそう。

 

こちらの鳥居が登山口です。まだ太陽も高くなく、森の奥深くはまだまだ暗そう。ひっそりと静まり返った入口は何とも不気味。今回は熊との遭遇も否定できないで、初めて熊鈴を準備。この雰囲気だと確かに出そうだわ・・・

 

序盤は平坦な道が続きます。展望は全くないですが、この後から急な上り坂が続くので、ここでしっかり足慣らし。

 

第1のチェックポイント「馬返し」はすぐです。特に何もなくて、上記の看板が立てかけてあるだけ。。

 

馬返しを過ぎて少し歩くと、いよいよ登り坂が始まります。

 

↑わが隊の専属カメラマン。

 

標高差500m以上を1時間ちょっとで登るので、坂はなかなかキツイ。。火山だけあって下は石or砂利で滑りやすいのも要注意。

 

後ろを振り返ると早くも雲海!天気も上々。

 

第2のチェックポイント「天狗の露地」。ここの奥にはちょっとした展望スポットがあるので行ってみるのもよし。

 

相変わらずの急斜面。時刻が早いせいか、自分たち以外の登山客は全くおらず…

 

午前6時半すぎに山頂手前の「将軍平」に到着。ほとんどのコースはここで合流します。

 

将軍平の山小屋では簡単な軽食が取れます。

ここでしばらく休憩していると、上から降りてくる登山客が。話を聞くと、山頂の小屋で1泊していたようで、今から行けばまだ展望も良いとのこと。急ぐべし!!

 

雲も切れて、山頂の姿もはっきり見えます。標高差は結構ありそうですが、ここから山頂までは40分ほどで着きます。

 

将軍平から先は斜面も一段ときつくなります。鎖場も登場!手足フル動員で登ります。

 

山頂付近になると、もうそこは森林限界。展望も一気に開けて雲海も見渡せます。振り返れば、先ほどの将軍平の山小屋も見えます。

 

午前7時15分。スタートして2時間足らずで山頂に到着!山頂にはなかなか立派な山小屋もあります。(宿泊も可能!)

 

頂上からの雲海。上にも雲が広がり、ちょっと珍しい光景。ちょうど雲の間にいるんですね。

 

この柱が真の頂上!照りつける太陽がまぶしいですが、周りを見渡すと……

 

徐々に霧のような雲が発生!さっきまでの快晴が嘘のよう。。自然の力ってすさまじいです。

 

ここの山頂、恐ろしく広いです。見渡す限りゴツゴツした岩だらけ。こんな光景は初めてです。

 

山頂の中央付近に神社(といっても小さい鳥居)があるのでみんなでご挨拶。

(↓みんな)

 

 

ものの数分で辺りは霧に覆われました。友人たちもご覧の驚きよう(「えぇーー!」)。

自然の力ってやっぱりすごい!ほんの数分前とは打って変わって視界が悪くなります。ギリギリ山頂からの展望を写真に収められたのでラッキーでした!

 

いつもなら山頂で昼飯なのですが、まだ時刻は7時半。おにぎりとコーヒー&おかしで朝食タイム。霧に覆われて肌寒かったので、温かいコーヒーがかなりうまいっ!

 

カメラを撮っている姿をカメラで撮られるww

天候も回復しそうにないので、早々に下山開始。

 

下山を開始して少しすると、徐々に登山客とすれ違うようになります。今から山頂に行っても展望が全くないのでちょっとかわいそう…

 

将軍平に戻って山頂を見るとご覧の有様。すっかり霧で隠れてしまっています。雨は降ってませんでしたが、水蒸気で身体が結構濡れます。(マイナスイオンを浴びていると思えば問題なし)

 

それでも天狗の露地に着くころには、天気も若干回復。ここが天狗の露地のちょい先にある展望スポットです。

 

すれ違う登山客が増えてきました。高校生の団体も。こちらが引くほどの元気のいい挨拶ラッシュw

すれ違うとたいてい「えぇ~もう登ってきたの?何時から登ったの?」みたいなことを聞かれて、「5時半です」と答えると「えぇ~、早いねぇ~。若いねぇ~。」と返ってくる。ちょっとした優越感w

 

帰りも同じコースをたどり、午前9時半に駐車場へ到着!いつもなら登り始める時間帯です。時間の感覚が狂う…。

まだ時間もたっぷりあるので、次の目的地「霧ヶ峰」へ。

 

霧ヶ峰と言えばエアコン。エアコンに相応しい爽やかな展望が待っています!

 

霧ヶ峰途中の展望台。先ほど登った蓼科山の山頂は相変わらず雲に覆われています。

 

蓼科山から1時間足らずで霧ヶ峰の最高峰「車山」のアタックポイントである車山肩に到着。駐車場はほぼ満車。

 

車山山頂までは1時間もかかりません。手軽なハイキングといった感じで、自分たちも手ぶらで登ることにしました。

 

振り返れば、美しい草原風景~。蓼科山の雲海とはまた違った感動があります。1本の道路もいい味出してて、CMでも使われていそう。

 

高山植物もきれいです。山登りの後にはちょうど良いくらいのハイキング。

 

道が迂回しているので、思ったよりも時間がかかりましたが車山山頂に到着!

 

山頂には気象レーダードームなるものがあります。なかなかの存在感。周りが開けているので、気象観測にも適しているのでしょうかね。

 

山頂からの眺め。周りに高い木がなく、360℃のパノラマ展望を楽しめます。さすがは霧ヶ峰!

なお、自分たちが登ってきたところの反対側にはリフトがありました。こちらを利用すれば一気に山頂に到達できますが、霧ヶ峰の展望を楽しみながらのハイキングをぜひおススメしたいです!

 

下山を開始するころには青空も広がり、より一層霧ヶ峰の草原が美しく見えました。本当に今日は運がいい!(Wind○wsの壁紙にこんなのなかったっけ?w)

 

↑霧ヶ峰に咲いていた植物たち

 

駐車場に戻ってくるころにはすっかり天気も回復。ここの高原牛乳はなかなかの味らしい(ささっきー談)

 

時間もまだ昼前。ちょっと欲張って「美ヶ原」へ向かいます。

 

移動途中の車内から。まるでCGで作り出したような雲。

 

漫画やアニメの世界では見たことがある、雲の影。現実でもこんなにはっきり見えるとは…

 

美ヶ原美術館に到着。また雲が出てきました。標高2000m付近は天気が変わりやすいですね。ところでこの女の子たちが吹いている楽器、何だっけ??(誰か教えて~)

この写真、女の子たちを撮ったわけじゃなく、注目すべきはその後ろの車。

 

こいつらの正体は、20台にも及ぶ色とりどりな「アルファロメオ」。実はこいつら、自分たちが霧ヶ峰に向かう途中で追い抜いて行った集団で、まさかこんなところにいたとは……。アルファロメオが美術館なんて、カッコつけすぎ(ちぇっ!)

 

美術館には入らず、自分たちが目指すのは「美しの塔」。体力的にも時間的にもそこくらいが適当だろうということで。。

 

美しの塔までは30分ほど。整備された散歩道を歩きます。。。が…

 

蓼科山と霧ヶ峰で運を使い果たしたのか、、、ついに雨が降り始めました。しかもどしゃ降り…。

どう考えても先に進めないのであわてて引き返します。美ヶ原はなかったということで…(笑)

 

仕方ないので、美術館の売店で雨乞いがてらお土産を買うことに。無念のリタイアとなった美ヶ原でお土産を買うという、何とも屈辱な気分。

 

美しの塔に行けなかったので、うつくしの湯でうっぷんを晴らすことに!(単純に帰り道にある温泉を選んだだけですが…)

 

日帰り専門の温泉施設で、500円という安さが魅力!露天風呂のほかサウナ、打たせ湯もあります。

1時間ほどまったり温泉に浸かって小山に向けて帰ることに。

 

帰りの高速ではかなりのどしゃ降りにあいました。視界もままならい程、結構ひどかったです。早めに行動しておいて正解でした。

 

18時半ごろに小山付近の「爆弾ハンバーグ フライングガーデン」で夕食。思えば蓼科山山頂で食べたおにぎりとお菓子以来の食事だったので腹ペコ。

チーズソースで食す!都内にはない爆弾ハンバーグ、なかなかおいしかったです。

 

ハンバーグを食べ、19時半過ぎにJR小山駅に到着、解散。ドライバーを務めてくれたタチさん、ささっきー、お疲れ様でした!

ちょうどよく湘南新宿ラインに乗れたので、21時過ぎに新宿に戻り帰宅。恐ろしく長い1日でしたが、かなり充実した1日になりました。2日分くらい行動したんじゃないかな。

 

とりあえず、今回断念した美ヶ原は次回挑戦ということで!

以上、お疲れ様でした~

 

 

 

 

 ■この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます:

 - 登山 , , , , ,