【奥多摩】御前山 電車・バスで行く日帰り登山

【奥多摩】御前山 電車・バスで行く日帰り登山

2011年GW3つ目の山は、奥多摩にある標高1405mの「御前山」です。

天気はあいにくの曇り。そのためか電車、バス、登山道が空いていました。日差しがないため、かなり肌寒かったです。

【日程】

2011年5月5日

【コースタイム】

JR奥多摩駅(9:15)→バス(9:30発)→奥多摩湖バス停(9:50)→登山口(10:07)→サス沢山(11:00)→惣岳山(12:03)→御前山頂上(12:25)→→→昼休み→→→御前山下山開始(13:12)→鞘口山(14:00)→鋸山避難小屋(14:22)→鋸山頂上(14:40)→愛岩山(15:54)→JR奥多摩駅(16:23)

奥多摩湖バス停で降りると、2、3台のバスから続々と登山客が降りてきました。ツアー団体もいましたね。

目の前には奥多摩湖が。東京に住んでいながら、初めて見る奥多摩湖です。

登山口まではダムの上を歩いてきます。この道を行くと左側が登山道に通じる道なのでお間違いなく。

奥多摩は何度か来ていますが、やはり緑がきれいです。

登山道に入ると、いきなり急な上り坂が続きます。準備運度は念入りにしておいたほうがいいです。

曇り空でしたが、時折太陽が姿を現しました。急な上り坂のため、早くも半袖で十分なほどの体感温度に。

しばらく登り、ふと横を見れば奥多摩湖が見渡せます。

急な登り、険しい岩場が続きますが、所々平坦な道あります。

登山口からおよそ2時間で標高1341mの惣岳山に到達。ここら辺りから霧が濃くなってきました。

霧が辺りを包み、視界が徐々に悪くなっていきます。頂上まではあと少しです。

視界が悪い中、どうにか頂上に到達。周りは霧に覆われているため、視界もよくありません。。。

霧も濃いため、気温が急速に低下します。頂上では10度を下回ったため、防寒着を着て昼食タイム。この日はカップラーメンではなく、友人が持ってきてくれたサッポロ塩ラーメンを作ることに。ガスバーナーの残量が心配でしたが、どうにかラーメン完成までは持ってくれました。一安心。。。

具材も用意してくれて、かなり美味しかったです!お腹いっぱいになりました。ラーメン完成と同時にガスが切れたため、この日は食後のコーヒーはお預け~。

下山コースは鋸山経由で直接JR奥多摩駅に向かうことに。霧は一層濃くなります。

視界も良くないため、景色を楽しむことはできません。ひたすら鋸山を目指します。

霧のため足元も滑りやすくなる中、どうにか鋸山に到着。御前山から約1時間半の道のり。思ったより時間がかかりました。

ここからはひたすら下山です。景色も変わらない林道を歩き続けます。途中に咲く花がひときわきれいでした。

鎖場や階段もありました。軍手は必須です。

ひたすら下ること1時間半。ようやく駅近くの愛岩神社に到達!思いのほか長い道のりでヘトヘトでした。

この神社を過ぎると、急な階段が待ち構えています。下りだからよかったものの、この階段を登るとなると一苦労です。

御前山の頂上から3時間以上費やして、ようやくJR奥多摩駅に到着。下山のほうが時間がかかりました。

駅に着いたのが16:20。ちょうどいい具合に16:23発のホリデー快速があったので、それに乗って立川へ。いつものように反省会。

今回は奥多摩湖→御前山→鋸山→JR奥多摩駅、というコースを取りましたが、御前山へ至るルートはいろいろあるのでレベルに合わせてプランを立てることができます。今回のコースは天気が悪くて景色がよくなかったこともありますが、道が単調でそれほど面白味のあるコースではなかったので、おそらくもう歩くことはないだろうと思います。

ただ、JR奥多摩駅に直結しているので、帰りのバスを気にすることなく下山できたのはよかったですね。あと、前日の天気予報で寒くなるのは予想していましたが、頂上は冬場並みの気温だったので防寒着をしっかり準備して正解でした。

天気は残念でしたが、よい運動になりました~。霧もかかっていてかなりのマイナスイオンを吸収できたのではないかと思います。