【山道具】RICOH GRⅢで行く登山 星空・風景写真の作例レビュー

【山道具】RICOH GRⅢで行く登山 星空・風景写真の作例レビュー

RICOR(リコー)の高級コンデジ・GRⅢ(GR3)を購入して登山やら旅行に行ったので、簡単なレビューと作例のご紹介。

個人的にはすごく良いカメラだと思っていて、趣味の登山に関してもいろいろな恩恵を受けています。ただ、その反面で不満な点もいくつかあるので、一個人の所感として軽く参考にしてもらえればと。

 

RICOH GRⅢ(GR3)

 


まずRICOH GRⅢ(GR3)というのがどういうカメラなのかというところから。

現物がこちら↓

 

RICOH GRⅢ(GR3)

『RICOH GRⅢ』

 

一眼レフでもミラーレスでもなく、コンパクトデジタルカメラです。2019年3月に発売されました。クールで最高にカッコいいこのデザインよ!

 

このカメラの大きな特徴なのが、コンデジでありながら単焦点レンズが搭載されていること。つまりズームができないわけです。

ズームができないのはマイナス要素ではありますが、その分画質にこだわったカメラ。画角は固定されるけど、その画角であればできる限り高画質で撮影しますよ、っていう思想です。

 

GRⅢ(GR3)という名前からもわかる通り、GR、GRⅡ(GR2)というのも存在します。RICOHのGRシリーズというのは、結構コアなファンが根付いていることでも有名。

GRⅡが発売されたのが2015年の7月。2017年くらいから後継機のGRⅢが出る出ると噂されていて、ずっと待ち続けていた私。

ようやく今年の3月にリリースされて、発売直後に購入しました。

 

RICOH GRⅢ(GR3)

 

 

購入してから現在までの約4ヶ月、登山のお供としては日数で15日くらい、撮影枚数は5000枚ほど。このブログの記事では、2019年3月23日~24日で登った南アルプス・烏帽子岳から、GRⅢで撮影した写真が登場します。

まずはそんなGRⅢの写真をつらつらと。

 

伊豆大島・三原山

 

満開の桜と富士山

 

ルートバーントラック ハリス湖

 

夕暮れ時のレイクテカポ

 

ニュージーランド テカポ湖と朝焼け

 

磐梯山 日帰り登山

 

断っておくと、カメラに超絶詳しいわけでもないし、RAWで撮影して現像というテクニカルな技術も持ち合わせていないので、全部JPEGで書き出しています。PCに取り込んで、多少明るさ補正する程度。

この記事でもGRⅢの詳細な仕様とかは書かないです。というか書けないです。よく理解しないで使っている部分も多いので……

 

湯ノ丸山山頂からの雲海と浅間山

正直なところ、これまで使っていたカメラと比較して、飛躍的に写真が綺麗になったかって言われるとそうでもないです。

GRⅢの1つ前のカメラがNikon D5500、その1つ前がSony α6000です。そのさらに前が確かLumixのミラーレス、その前は……、もう覚えてません。

D5500もα6000も特に欠点もなく良いカメラでした。

 

10万以上するGRⅢを手に入れておきながら撮れる画にそこまで向上が見られないわけですが、個人的には買ってよかったと思えるカメラです。

その最大の理由は「軽さ」

もうこれに尽きる。これを求めて買ったようなものだし。

先代のD5500がカメラ本体とレンズ合わせて500g弱だったのに対して、GRⅢはたったの257g。ほぼ半分です。

D5500自体が軽量一眼レフなので、一般的な一眼レフと比べたらかなり軽いほうですが、そこからさらに軽くなったので、もう登山においてはえらい違いでした。

機動力が全然違います。

 

これまでは首にぶら下げる形で持ち歩いていたのですが、やっぱり歩行中はそれなりにストレスありました。岩場とかだとカメラを傷つけないようにしないといけなかったし。

それがGRⅢでは全くなくなりました。ザックにはこんな感じで取り付けています。

デジカメケースザック取り付け

 

 

グレゴリーのこのケースがぴったりなのでおすすめ。

もう首からブランブランさせて歩く必要もなく、この登山中のストレス軽減は個人的に非常に大きかったです。

 

そしてもう1つはっきりと違いが現れたのが、夜景・星空撮影

これはカメラの設定やらレンズによってD5500やα6000でも同等の画が撮れるのかもしれませんが、自分のような細かな設定がめんどくさいタイプでも、シャッタースピードを変えて撮影するだけでこれくらいのものは簡単に撮れました。

 

レイクテカポ 善き羊飼いの教会と星空

 

GRⅢ作例・夜景

GRⅢが明るいレンズだからなのか、詳しいことはよくわかりません。何が言いたいかというと、星空撮影の楽しみが増えました。1泊以上のテント泊や小屋泊の際に、夜起きてもっと写真たくさん撮りたいぞと。

 

こういう気持ちにさせてくれただけでも非常に大きいGRⅢ。要するに自己満ですが、カメラって案外そんなもんでしょ。

 

あと、軽量なので日々の散歩とか街歩きでも気軽にカメラを持ち出して撮影できるようになりました。もともとGRシリーズのコンセプトが「スナップ」なので、むしろこういう使い方がメインであるべきなのかもしれません。

 

GRⅢ作例・庭園

 

GRⅢ作例・和室

 

GRⅢ作例・トンネル

 

GRⅢ作例・苔

 

GRⅢ作例・桜

 

GRⅢ作例・街スナップ

写真撮影の頻度が格段に上がったのも大きいところです。

 

ただ、当然ながらこのカメラも完ぺきではないわけで……。フェアにGRⅢのイマイチなところも話しておくと、まずバッテリーがしょぼいです。これは事前にわかっていたことですが、特にバッテリー最強(だと思っている)のNikon機種から変更したのでその差は歴然でした。

 

登山の感覚でいえば、日帰り登山でバッテリー1つは正直心もとない感じ。2つでもギリギリ、3つあってようやく安心というレベルです。自分の場合、標準的な日帰り登山では写真をだいたい200~300枚、多い時で500枚近く撮るのですが、150枚を超えたあたりでバッテリー表示が赤になって催促してきます。

なので、日帰り登山でも予備バッテリーは絶対に必要。動画も撮影するならなおさらです。

 

さらに、自分の場合はゴールデンウイークに10日間のニュージーランド旅行が控えていました。この時、買ったばかりのGRⅢのみで行ったのですが、さすがに海外旅行で電池切れという状況にはしたくなかったので、以下のような布陣で臨みました。

 

GRⅢ(GR3)バッテリーと充電器

 

 

 

 

 

純正バッテリー×3, サードパーティのバッテリー×4、計7つ。

純正バッテリーの値段が結構高いので、予備軍は互換バッテリーです。サードパーティのバッテリーは今のところ問題なく使えてはいますが、あくまで互換性があるだけなのでそこは自己判断で。

ニュージーランドでは2泊3日のルートバーントラックが最長のトレイルで、その間充電は一切できませんでした。結果的にはバッテリー4つ分を使い果たしたので7つはさすがに多すぎでしたが、でもこれくらい持ってないと安心できない。

 

重さから解放された反面、バッテリーの貧弱さがストレスになったわけです。なので、精神安定剤の意味で、自分は多めにバッテリーを持つようにしています。それでも重量としては全然軽いし。

 

もう1つの欠点が画角の狭さ。正直なところバッテリーよりもこちらのほうがデメリットに感じています。

 

 蔵王連峰縦走

D5500では最初は標準レンズを使っていて、途中から画角の広いレンズを使うようになりました。「AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR」という広角レンズで、上の写真もそのレンズで撮影した1枚です。去年の蔵王連峰縦走のときのやつ。

このレンズを経てのGRⅢだったので、画角の狭さがとにかく目立ちました。「あれ、前まではもっと広くとれてたのにこんなに狭いの」と。やはり登山の風景写真だと、広い画を撮りたいという欲求が自分の中にはあります。

 

バッテリーに関しては予備を保持すれば問題ないですが、こればかりはどうしようもないです。一応、GRⅢには広角で撮影できる「ワイドコンバージョンレンズGW-4」というオプションレンズも発売されてますが、これをつけてしまうと重くなるうえに、コンパクトカメラケースに収まらなくなるので今のところ買ってないです。

 

 

4ヶ月ほど使ってみた現在までの所感としてはこんなところです。

今後についてはまだ未定ですが、当然しばらくはGRⅢをメインで使うことになるかと思います。

ただ、冬の雪山登山については微妙。何よりバッテリーが耐えられるか未知数なので、今シーズンの冬山で試してみようと思ってます。

このGRⅢの軽量化による機動力向上が最大限に発揮されるのが夏のテント泊。つまりこれからの時期だと思っているので、またしばらく使ってみていろいろと思うところが出てくれば語ろうかと思います。

 

ニュージーランド・テカポ湖と紅葉

長々と書いてしまったけど、GRⅢでの登山はもちろん可能ですし、この軽さでこれだけの画が撮れるのかっ!!っていう感動は得られると思います。山登りで荷物を重くしたくない、それでもそれなりに綺麗な写真を撮りたい、って方にはお勧めかと。

ただし、充電環境が整っていたない山で使うのであれば、予備バッテリーが複数必要なのはご愛敬。

 

あまり内容のない雑感な記事ですが、読んでいただきありがとうございました。

      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

 


にほんブログ村 にほんブログ村へ
↑↑応援クリックよろしくお願いします↑↑