今日という日を忘れずに

日帰りハイキング、テント泊縦走、冬の雪山登山など、山登りの記録がメインの登山ブログです

草津白根山  ~~登山と温泉のぶらり日帰りの旅~~

      2016/06/10

今回は草津白根山へ行ってきました。標高2160mありますが、山頂付近まで車やロープウェイで行けるので、一般の観光客も手軽に登れる山となっています。

見どころは、何と言っても湯釜!白濁した緑色の火口湖は草津白根山の代名詞とも言える観光スポットです。山自体が今なお活動を続けてる火山のため、火口付近に近づくことはできませんが、500mほど離れた展望台からは湯釜を一望することができます。

今回は湯釜も見つつ、一応遊歩道の最高地点とされるピークも踏んできました。天気はあいにくの梅雨空でしたが、合間に晴れ間も見えて絶景を堪能!そして、先日誕生日を迎えた山友のサプライズパーティーも開きつつ、下山後に温泉と日帰り小旅行を満喫。

今週も楽しい週末でしたとさ。

 

湯釜と温泉とバースデーパーティー―――

 

【日程】

2013年6月16日 曇り時々晴れ

【コースタイム】

草津白根駐車場(11:30)→湯釜展望台(11:45)→逢ノ峰(12:30)→→→お昼休憩&パーティー(~13:20)→本白根山(14:30)→本白根山展望(14:50)→草津白根駐車場(15:50)

 

 

日本を代表する温泉街、草津。その源泉を生み出しているとも言える山が草津白根山。この山はいつか温泉観光のついでに来る予定でしたが、先週の武尊山を一緒に登ったよしゆきカメラマンが誘ってくれたので行ってきました。

久しぶりに13人と大所帯での登山&温泉&バースデーパーティーの旅。登山というより観光気分で繰り出してきたので、いつもよりゆったりした感じで書いてます。コースタイムも参考程度にみてください。

ではスタート~

 

 

早朝、3台の車に分かれて出発。

朝7時半、途中の高坂SAの空模様。梅雨に入ってからも巻機山武尊山と天候に恵まれてましたが、流石に3回連続とは話しがウマすぎるか、、、。出だしはあいにくの曇り空となりました。

そんなもんだから、温泉も兼ねた観光登山はある意味ではちょうどよかったのかもしれない。

 

な~んて思ってたら、草津に入ると次第に雲が取れてきて、ちょっとだけ明るい未来を予感させてくれた!改めて天気予報チェックしてみたら、草津のピンポイント予報で12時台が晴れマークなのを知り、一同やたらテンションあがる!!w (単純な性格なもんでね、、)

 

ギャーギャー喚きながら草津白根へ向かっていると、突然目の前に現れたのが……

 

!?!?

こ、この子は、、キツネ!!

野生のキツネを見たのは初だったので、一同余計にテンション上がる!ww

 

全く逃げることなく、車に寄り添ってくる子キツネ。食べ物をもらえると思ったのかな??

横顔がイケメンだったけど、どこか寂しそうな感じもしました。親はいるのだろうか、、、

 

キツネとの思いがけない出会いも果たし、すすむカー一同は草津白根山手前の道の駅に到着。他2台が別ルートで草津白根に向かっているとは知らず、ここで意味もなく待つことに。

 

この道の駅にはコマクサが咲いている公園があったので、立ち寄ってみることに。

写真に写っているのは、今回のメンバーの一人”ちな”。どうしてもブログに出たいって言うんで、今回登場させることにしました。この後もチラホラ出てきますw

 

こちらがコマクサ。足元にひっそりと咲くピンクの花。一見すると派手さはないかもしれないですが、「高山植物の女王」とも呼ばれている花で、燕岳のような白い砂地に咲くとこれが見事なまでに綺麗なのさ~。好きな花の1つです。

 

道の駅で時間つぶしてたら、いつの間にか他の2台の車は先に草津白根駐車場へ到着しちゃったみたいで、、、急いで向かうことに。(遅れてすんません。。)

草津道路に入ると草津白根の風貌が徐々に現れてくる。小さくて見えないかもしれませんが、道路の横にはロープウェイが通っていて、、、

 

車で行かずとも、手軽に山頂直下までひとっ跳びできますぜ。ロープウェイを横目に車を走らせるのは、何だか面白かった。

ロープウェイから逆に道路を眺めてみるのも面白いかもね。

 

11時過ぎ、予定よりだいぶ遅れて草津白根駐車場に到着。駐車場はかなり広く、この日は天気予報もよろしくはなかったので、比較的空いてました。

 

本日のメンバー、ここで全員集合。隠れて写真撮ってたのに、ちなが目ざとく気づいとる。。これまで何度か登場しているまさきもそうだったけど、ブログに出たいって人は、なぜか隠れてカメラを向けてもすぐに気づくっていう不思議。

 

11時半、まずは草津白根山の湯釜目指してアタック開始!草津白根山頂とは逆方向にあるのでお間違いないように。

 

湯釜への歩道入口には、ご親切にも貸出し用のストックが置いてありました。明らかにストックとは思えない代物も置いてありましたが、お好きなデザインをお選びくださいまし。

 

湯釜までの道はこんな感じで整備された歩道になっています。実際、ザックにトレッキングシューズと完璧な登山装備で挑んでいたのは自分たちくらいでした。さっきのストックも見れば誰も使ってない・・w

大半は観光客で普段着で登ってます。まさかのアウェイ状態\(^o^)/ (一人で来てたら間違いなく気後れしてたな、、)

 

たった15分ほどで湯釜展望台に到着。うわさに聞く湯釜とは、、(どれどれ・・・)

 

うぉ、、!何も見えん・・・orz

一番恐れていたことが、、、。久しぶりにガスにやられたっ!!

 

が、、いや、ちょっと待て。。確かピンポイント天気予報では12時から晴れマークがあったんだったな。

その晴れマークに期待してみっか・・・。と、しばらく待っていると、、、

 

おっ??

 

おおっ!?

 

おぉーー!!

 

目の前にバッチリ現れてくれた火口湖。これがうわさに聞く湯釜かぁ~!ガスもすっかり取れて一望できました。いや、よかったよかった。

白濁した緑色の火口湖。曇っていてもよくわかります。

 

ここが本日のメインスポット。あっという間についたので、もっとうまく撮れないものかと、カメラをいろいろいじって遊んでみたり。

 

トイフォト風

 

ダイナミックモード。・・・確かに天候がダイナミックで荒々しくなったw

 

紅葉っぽく

 

イラスト風~。湯釜の輪郭しっかり取れとる。湯釜って知らないと、何の絵かわからんけども、、(汗

 

ランダムタイルというモード。もうなんのこっちゃわからない。。

 

他にもいろいろ隠された機能があることを知った瞬間(遅すぎ・・)。基本、説明書はあんまり読まないタイプなんで、カメラの機能全然使いこなせていないのです。。最近のカメラはすごいのぅ~

 

その後も湯釜はいい具合に晴れて、その姿をしっかり目に焼き付けてやりました。カメラでもひとしきり遊んで下山。

 

お次は草津白根山の最高地点へ。駐車場を挟んで反対側、目の前のピークの奥にあります。

が、その前にこちらも観光スポットの1つ、弓池。

 

池の周りには散策コースもあって、公園のような雰囲気。標高2000m越えの世界とは思えないね。

 

弓池を越えて、まずは逢ノ峰へ。山頂に屋根つきの建物が小さく見えました。あの山頂までは同じく整備された歩道が続きます。時間にしてこちらも15分ほど。

 

逢ノ峰の屋根つき休憩所。ベンチ、テーブルあったので、ここでお昼休憩。

んで、お昼ご飯後に本日のメインイベントとも言える、、、

 

ささやかなサプライズバースデーパーティ~♪

 

今回のメンバーさんの中の2人が、つい先日誕生日を迎えたってことで、二人に内緒でバースデーケーキ&寄せ書きを用意。喜んでもらえたようでよかったよかった。(サプライズパーティー隊長だったゆーか、サンクス!)

 

今回の企画リーダーのよしゆきが持ってきてくれたジュースで乾杯~!山の上でのパーティー、最高ですな。

 

パーティーも満喫して行動開始。この時、天気が思わしくなかったので引き返すか迷ったけど、せっかくなのでということで山頂を目指すことに。

 

逢ノ峰の先へ行くと本白根スキー場のゲレンデに出たけど、雪が溶けたこの時期はたんぽぽが咲き誇っててきれいでした。

 

ゲレンデ脇をいったん下る。山頂へ向かうには反対側の斜面を登って行くのが正解なのですが、自分たちはちょっと道を間違えて、目の前の道路を右に進んでしまいました。。。右に行くと弓池へ戻るルートになります。

 

ここが入口ね。ここから目の前の丘を登れば、本白根山を一望できます。

 

階段と木道を進んでいく。道は整備されているのですが、雨上がりの木道は滑りやすいのでお気をつけて。

で、樹林帯を越えて、突然目の前に広がった光景がこちら↓

 

素晴らしく雄大な展望~!!火口を思わせる谷底の淵に登山道が続いてました。

ちなみに写真左が展望台、右が歩道最高地点です。本白根山最高点の2171mへは立ち入り禁止になっているので、歩道最高地点が一応の山頂と言うことになっています。

 

淵に沿って登山道を歩いて行く~。ここは歩いていて気持ちよかった!見ての通り緩やかな坂で歩きやすい。

 

登山道の脇には、女王コマクサがひっそりと咲いてました。

 

こちらはめっきり人もいなく、静かな雰囲気でした。近づくにつれて迫力を増す、展望台の岩場。ここに来るまでに多少の登りはありますが、登山道は整備されているので観光でもぜひ立ち寄ってほしい場所です。

 

展望台の前に、先に歩道最高地点へ行くことに。 標識で言うと万座温泉方面です。

 

どこまでも続く整備された歩道。久しぶりのゆったり登山、こういう旅もたまに必要ですな。

 

歩いてきた歩道を振り返る。ガスに包まていた景色が、一瞬で晴れ渡ってその姿を見せるっていうのがまた幻想的。

 

青空も広がってきて、最高地点までラストスパート!最後に多少の登りがある程度です。

 

14:30、草津白根山最高地点に到着。自分たち以外、誰もいませんでした。

 

最高地点からの展望。あいにく雲が広がっていましたが、薄っすらと周りの山脈が見渡せました。この山は観光がてらにまた来ることもあるだろうし、、展望はその時のお楽しみってことでw

 

最高地点から引き返して展望台へ。そのころになると、ガスに再び包まれて、映画「ミスト」のような世界観の出来上がり♪

 

ガスったまま本白根山展望所に到着。展望はあまりなかったですが、せっかくなのでここでも記念撮影。

 

よしゆきカメラマンの指示による配置調整。なぜか、この絵が地味に面白いw

 

展望台から先へ進むと鏡池を経て駐車場へ戻れますが、時間がちょいとおしていたので来た道を戻ることに。

 

来た道戻って本白根スキー場へ。幸いにも雨には降られなかったので良かった。

写真に写っている御二方は今回の草津白根山で企画を務めてくれたよしゆきとバースデー隊長のゆーか。どうもありがとうございました!

 

来た時に少し間違えた弓池を戻るルートを歩いて駐車場へ。

 

弓池に戻ってくる頃には天気も再び回復の兆し。池に正面の山が綺麗に写り込んでました。

 

15時半過ぎ、草津白根レイトハウスに戻ってきました。人も全然いなくなっていて、閑散としてた。

 

立派な看板があったのでパシャリ。ちなみに看板が「白根山」となっているのは、こちらが正式名称らしいです。ただ、白根山というと日光白根山などと混同してしまうとのことで、便宜上「草津白根山」と呼んでるみたい。

 

レイトハウスでクマ笹ソフトクリームなんか食べちゃったりしつつ、駐車場へ帰還。クマ笹ソフトは抹茶味でした。

駐車場に着くころには天気もかなり回復~!

 

すっかり夏の空って感じだね。雲の影が綺麗でした。

 

晴れれば身体も動かしたくなる!ってことで、、

 

逆立ちするすすむ君。流石にビシッと決めてるな!背景の雲もかっこえぇ。

 

負けじとちなの三点倒立。・・・これは、、、できているのか?!

 

みんなで。ちな、やっぱりできてない。。w

 

最後はすっからかんの駐車場で眠りにつき、今回の登山は終了~!

みなさん、お疲れ様でした。

 

何だかんだ今回も晴れ間が見れた山旅。帰りがけの鮮やかなブルーの空が印象的でした。

 

帰りは湯畑近くの草津温泉「大滝乃湯」へ。ここの温泉は内湯も外湯も広かったので、駐車場が満車でもそれほど混雑している感じはしませんでした。

温泉街なだけあって、近くには他にも日帰り温泉がたくさんあるので探してみてください。

 

最後に横川SAのおぎのやで釜飯食べて終わる予定だったんだけど、20時頃行ったらもう売り切れでした。。。流石は人気なだけあるね。売り切れ注意!

 

 

こうして草津トレッキング&温泉&バースデーツアーも無事に終了。日帰りとは思えないくらい濃い内容で、今回も素敵な山旅となりました。

草津白根山に関しては、本当に観光の山でした。雰囲気としては北アルプスの乗鞍岳に似てたね。観光客の方が多かったですが、一応山なので最低限の装備はしていった方が良いかと思います。標高も2000mを越えているんでね。

この山は何年後になるかわからないけど、観光がてらにまた来ることもあるかと思う。その時は今日の出来事を思い返しつつ、今日見ることのできなかった展望もしっかり拝められたらと思います。

山は普段着でも散策できるコースが敷かれているので、草津温泉ついで時間があればフラッと立ち寄ってみてください。湯釜だけでも見る価値は大いにありますぜ!

 

以上、草津白根山日帰りツアーでした。

 

 

Happy Birthday!

 

 

 

 ■この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます:

 - 登山 , ,